忍者ブログ
広島の酸素カプセルサロン個人ブログ
[173]  [172]  [171]  [169]  [170]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1929年 イギリスでフレミングによって

ペニシリンが発見された抗生物質。


以降 様々な菌、ウィルスに対応するように

研究開発が進んできましたが

耐性菌が出て来てはそれに対する抗生剤と

いたちごっこも続いています。


有名なものとして

MRSA(メシチリン耐性ブドウ球菌)、耐性菌に対して開発した

抗生剤 メシチリンに対して 数年で耐性を持つ菌が現れた。

そして、MRSAに対してバンコマイシンが開発されるも

数年で VRE(バンコマイシン耐性腸球菌)と

VRSA(バンコマイシン耐性ブドウ球菌)が出てきてしまう。




現在、VRE・VRSAに対しては有効な治療法は見つかっておらず

脅威の菌として扱われています。


医療情報誌によれば

医学誌 「Cell」 10月17日号に

新しい抗生物質が完成間近と発表されたそうです。


耐性菌との戦いに終止符が打たれるか

また、耐性菌が現れるか

どちらにしても また 医学の進歩です。



 
広島ブログ



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
無題
ピロリ菌を発見した博士が来日した10年くらい前、全日空ホテルで講演を聞いたのを懐かしく思い出しました(笑)
耐性菌は怖いですよねぇ。いたちごっこは終わらなでしょう。むしろ過熱・・・ペニシリンが命だったのは、つい半世紀前なんですけどね。
怖い、怖いと言いながら、ホント簡単に処方されてますしね。特に子供。きちんと初期に注意すれば、ペニシリンで効くはずが、よぉくお友達の薬を見ると、とてもペニシリンじゃたちうちできない(涙)
怖い世の中です。
しゅんぼうママ 2008/10/28(Tue)13:02:05 編集
無題
フレミングって、あの「フレミングの法則」の人ですかぁ?!
w(°0°)w 
菌の活躍によって医学が進歩させられてるような(;^_^A
こた 2008/10/28(Tue)13:31:36 編集
しゅうぼうママ様
さすがは医療関係者です。
安易な抗生剤の投与を問題視する人もいらっしゃいます。
ただ、使う側も早く治りたい気持ちで受け入れる。
菌はこう言った 人間を嘲笑うかのように
強力化していきます。やはりいたちごっこが終わる日は
無理なんでしょうかね。
強力な菌が出る度に怖いな~っと実感します。
LUFT 2008/10/29(Wed)10:57:07 編集
こた様
同じ フレミングさんでも
アレクサンダーとジョンの違いがあるんです。
一応 ペニシリンのフレミングにはリンク張ってみました。
菌によって進歩してきましたが
いつ終焉するか・・・怖い菌が増えて
やっかいにならなければ良いのですけどね。
LUFT 2008/10/29(Wed)11:00:13 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
最新CM
[10/16 ミセスルフト]
[07/02 ⑦パパ]
[06/30 ミセスルフト]
[06/30 ミセスルフト]
[06/28 チェリー]
[06/26 ウリ坊]
[04/26 ミセスルフト]
[04/26 ブログなしにゃにぃ]
[03/03 あんこや]
[02/28 ミセスルフト]
フリーエリア
フリーエリア
広島ブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
ブログペット
アクセス解析
プロフィール
HN:
LUFT
性別:
非公開
自己紹介:
広島で酸素カプセル専門店 
個人で経営奮闘中

旧ブログへは
管理者用にあるリンクから
ブログ内検索

Copyright © 酸素カプセルサロンLuft All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]